雇用調整助成金の拡充について

本年度第二次補正予算の成立により、雇用調整助成金が更に拡充されました。
概要については、下記のとおりです。

〇助成額の上限額を8,330円から15,000円に
雇調金の1人1日あたりの助成額の上限を、企業規模を問わず8,330円から15,000円に引き上げます。

〇解雇等を行わない中小企業の助成率を一律10/10に
解雇等をせずに雇用を維持している中小企業の休業、教育訓練に対する助成率を、現在の原則9/10から一律10/10に引き上げます。

上記の拡充措置は、既に申請済み(支給済みを含む)の事業主の方についても4月1日にさかのぼって適用され、差額については再度の手続きを要しません。
過去の休業手当を見直し(増額)、従業員に対して追加で休業手当の増額分を支給した場合は、再度の手続きによりその増額分も追加支給されます。

〇緊急対応期間の延長
これまで4月1日~6月30日の間の特例措置でしたが、9月30日まで延長されました。

詳しくは右のリーフレットをクリックしてご参照ください。

【問合せ先】 厚生労働省ホームページ「雇用調整助成金」