「治療と仕事の両立支援」オンライン地域セミナーについて

健康だった人が病気にかかり治療が必要になる場合、仕事と治療の両立が大きな問題となります。一方で、当事者の上司や同僚にとっても、治療と仕事の両立支援は重要な課題です。治療をしながら働きたいという思いがあり、主治医によってそれが可能だと判断された人が働ける環境の整備が求められているのです。
厚生労働省では、この環境整備のために『事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン』を作成しています。
また、「治療と仕事の両立支援」のオンライン地域セミナーを開催します。
詳しくは下記サイトにてご確認ください。

【問合せ先】 ポータルサイト「治療と仕事の両立支援ナビ」